カギにもあります!耐用年数

こんにちは、カギの救急車八王子です。

先日お客様からの依頼で、鍵の開錠に伺いました。

開錠といってもお客様は室内にいらっしゃいます。

そうなんです、鍵が開かないではなく、ドアが開かなくなってしまったんです。

原因は錠前の一部である、錠ケースが壊れたためでした。

「カギにもあります!耐用年数」

ということです。

一般の錠前だと10年、電気錠だと7年が目安とされています。

今回のような場合、壊れた錠ケースを交換したくても、ドアが開いていなければ交換できません。

結局、通常の交換作業料金に、ドアを開ける料金もプラスになってしまいました。

金額が高くなるだけでなく、地震・火災など、万が一の時に今回のような事態が重なったら・・・

考えただけでもぞっとします。


カギの耐用年数

普段お使いになっていて、あれ?なんかいつもと感触が違うな・・と思ったら迷わずお電話ください。

壊れてからではなく、壊れる前に交換することをお勧めします。

カギの救急車八王子でした。

最新記事

すべて表示