定期的にあるお仕事


折れた鍵

こんにちはカギの救急車八王子です。

タイトル通り、定期的にあるお仕事のお話です。

画像のように、この鍵、折れます。

15年ほど前に、主に戸建て住宅によく採用されていた鍵です。

現在は廃番で、写真の通り折れるトラブルが頻発しております。

今回の場合、玄関ドアのロックは掛かっていない状態で折れ込んだので、折れた鍵の先端部分は抜かず、交換だけいたしました。

ロックがかかっている状態で、鍵穴に折れた鍵が残ってしまっている場合、厄介なことになります。

単純に交換だけではすみません。ロックを解除して、ドアを開けない限りシリンダー交換(鍵交換)はできないからです。

当然、開錠(鍵開け)料金も掛かってしまいます。

この鍵をお使いの方は、是非ご相談ください。

折れる前に、壊れる前に、安全性の為に、交換を強くお勧めしております。

ちなみにこのタイプの鍵にかかわらず、鍵は折れます。

メーカー純正キーに比べ、合鍵の方が素材が柔らかく折れやすいので、特に注意が必要です。

いずれにせよ、鍵は少しでも曲がってしまった場合は、合鍵を作製するか、古ければ鍵穴ごと交換して、トラブルを未然に防ぎましょう。

鍵交換 鍵修理 鍵のトラブル 鍵開け 

鍵交換の事なら八王子市の鍵屋

カギの救急車八王子店

東京都八王子市狭間町1451-3

042-629-9695

0120-772-778

最新記事

すべて表示