ストライク


ストライク

おはようございます。カギの救急車八王子です。 ゴールデンウィーク真っ只中いかがお過ごしでしょうか? 鍵のトラブル、錠前のトラブルの中に、カギの回りが固い、カギの回りが重い、があります。 原因は様々ですが、今回は錠前の一つのパーツである、ストライクのお話です。 ストライクとは、ドアではなくドア枠に付いているパーツで、鍵をかけたときにデッドボルト(かんぬき)が入る穴の部分の事です。(写真) この穴が、ドアに付いている錠ケースから飛び出すデッドボルトと位置ズレを起こしている時に、カギの回りが重くなったり、最悪の場合開かない、掛からないという不具合が起こります。 確認の方法は、ドアを開けた状態で、鍵やサムターン(室内側から鍵を開け閉めするつまみ)を回してください。 どちらもスムーズに回るのに、ドアを閉めて同じように確認するとカギの回りが悪い場合はストライクの位置ズレの可能性があります。 この場合の修理方法はいくつかあります。簡単に直るものから、大掛かりな修理が必要になるものまで様々です。 いずれにしても、この不具合を放置すると、錠前のほかの部分の不具合にもつながります。 結果として余計な費用も発生してしまいますので、お早めにカギの救急車八王子店までご連絡ください。 すぐに対応させていただきます。 鍵交換 鍵修理 鍵のトラブル 鍵開け  ストライクの修理、交換は八王子市の鍵屋 カギの救急車八王子店 東京都八王子市狭間町1451-3 042-629-9695 0120-772-778

最新記事

すべて表示