リクシル(トステム)カザス カードキー


リクシル(トステム)カザス カードキー

こんにちはカギの救急車八王子です。

ここ数年で、かなり見かけるようになったリクシル(旧トステム)のカザスという名の非接触型カードキーです。

カードはあるけど鍵が開かない。

そんなご依頼でした。

このタイプの電気錠(電子錠)でカードがあるのに鍵が開かない場合、その原因は主に三つです。

1.電池切れ

2.扉と枠の位置ズレ

3.カードのエラー

今回は1の電池切れでした。

その名の通り、カードをかざすとかすかにモーター音は聞こえるのですが、明らかに弱々しいです。

開錠後、電池を交換して完了です。

このタイプの錠前でたまにあるのが、室内側に付いている電動サムターンの故障です。

電動サムターンが故障している場合、そのほとんどが交換対応となります。







リクシル(トステム)カザス カードキー

今回のケースもそうですが、カード以外にも鍵を持ち歩いていれば、事なきを得ます。

自動施錠で手間のいらないカード錠ですが、いざというときの為に鍵を普段から持ち歩くことをお勧めします。

不具合の原因が何であれ、ドアが開かないことには何も作業ができません。

電子錠の修理や交換は高額になりがちです。

そこに、鍵を開ける料金が発生するとさらに高額になってしまいますので、カギの開け閉めの際にいつもと違う感触や音があった場合は、早めにご相談下さい。






















鍵交換 鍵修理 鍵のトラブル 鍵開け 

電子錠 カードキー リクシル カザスの事なら八王子市の鍵屋

カギの救急車八王子店

東京都八王子市狭間町1451-3

042-629-9695

0120-772-778

最新記事

すべて表示